紙芝居劇むすび



婦木さん続報

25日月曜に死亡の連絡のあった婦木さんですが
警察による親族の確認が遅れているようで
なかなかこちらに詳細が伝わっていません。

親族が遺体の引き取りや納骨などを受け入れまたは拒否などの確認が
とれない限り なかなか仲間の元には戻って来ず
関係者によると 長いと数か月かかることもあるそうです。

いざというときはむすびでお葬式などしてみんなで送ってあげたいと思っているのですが
法的には他人であり なかなか介入できないもどかしさがあります。

おかげで 仲間は婦木さんの死を受け入れることもままならず
早く婦木さんを安心させてあげたい 手厚く見送りたい気持ちが空回りしています。

たくさんの方にご心配をおかけしていますが
何か分かり次第 すぐにお知らせしますので
お待ちくださいませ。

***********
婦木さんは5人兄弟の長男で 幼いころから新聞配達や工場での仕事のかけもち
など 若いころは働きどおしだったそうです。
研磨職人として自動車の部品をつくる工場などでずっと働いていましたが
持病のぜんそくが悪化したりで 高齢になったころ野宿生活も経験されました。

むすびには当初から参加 無口で職人肌な人でしたが
動物の声の模写や 紙芝居の絵 味のあるナレーションには定評がありました。
むすびのTシャツの絵もデザインされました。

ぜんそくにはずっと悩まされて 去年は入退院を繰り返しておられましたが
今年はなんとか体調を取り戻し さあ 取り戻すぞと思っていた矢先の急逝でした。
亡くなる3日前まではむすびに毎日通って紙芝居の稽古をしたり
仲間のおしゃべりを聞いていたり 自身も冗談をとばしたりしていました。
1週間前には紙芝居公演で訪れたデイサービスで大歓迎を受け
本当にうれしそうな笑顔を見せてくださっていました。

婦木さんのほのぼのとした温かさがむすびを包んでいたのは言うまでもありません。
エッグスで酔っ払いの人がくだをまいていたときも
「ここには学生さんも来るさかい そんな言葉使うなら出ていけ!」と一喝したり
むすびという場所を一生懸命守ろうとしてくださいました。
わたしは婦木さんの描くネコの絵が大好きでした。とくにお父さんが子供を肩車している図。
婦木さんがそんな親子を街で見かけると うれしくなる光景だったそうです。
e0035629_19205521.jpg

by musubi-pro | 2009-05-26 21:41 | むすび日記
<< 紙芝居公演 残念なお知らせ >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動