紙芝居劇むすび



夏まつり 終了!

毎年恒例の釜ヶ崎夏祭り 今年もむすびは おむすび屋台を出した。


1日目

初日。手順をすっかり忘れているので あたふたとしていると時間が過ぎる。
エッグスでお米を炊きつつ ココルームでもお米を炊いてもらって
2個所で炊けたお米を エッグスでにぎる。

おかずは支援者のKkさんが煮しめをつくってくださった。おいしそう~
で 去年のことを思い出しながらできた今年版おむすびパック。
少し自信のなさそうな顔してますが。
e0035629_9355354.jpg
 

4時頃から販売はじめて 6時51分完売。
今日はお手伝いの人も15人近く来てくださって ごった返しの中
約200コ売れた売れた☆

2日目

今日はおじさんたちが中心になっておむすびづくり。
昨日より少人数ながら慣れてきたお手伝いの人もいて
能率アップ!黙々と無駄なく動いて 昨日よりたくさんのおむすびができた。

今日は販売面で画期的な出来事があった。
89歳の新人 Snさんが売り子に協力してくれた。
しかも 残りあとわずか…という頃 ズイズイと前に出てきて
かわいいダンスでPRを始めた。「おむすび 買(こ)うて♪おむすび買うて♪」

あまりのかわいさと 説得力と 神々しさに 勢いでおむすび完売。
昨日と同じく 7時近くに200個強 売れた。

3日目

もう最終日。でもみんなの顔に充実感と疲れの色が見える。
サクサクとおむすびづくり。
おじさんたちも休まずに頑張っている。「休んでください」と
ボランティアさんがすすめるのに「みんながやってんのに 休めんわな」
とおじさんたち。自分たちのために みなさんがやってくれてる
というのが痛いほどありがたいから つい頑張ってしまう。

今日はSnさんも いつも寝ている時間なのにHjさんも起きてきて
みんなでおむすびづくり。
e0035629_15193373.jpg

そして販売時間になると
今日ははじめから長老が鉢巻を締めて登場。
Hjさんのサンドイッチマンも同行。人目を引いている。

そしてフィニッシュは「おむすび買うて♪」ダンス。
女性が2人 そのかわいさにひかれておむすびを買って下さった。
「べっぴんが買うてくれた!」と喜ぶ長老。
今日も7時に持ってきたおむすびが完売。
毎日おむすびを買いに来てくれたり
「おいしかったから」とリピートしてくださるお客さんも多かった。

こうして興奮のうちに3日間のおむすび屋台は無事終了したのだった。
e0035629_9524484.jpg


毎日たくさんの人がお手伝いや激励に来てくださいました。
故郷のように 釜ヶ崎に帰って来てくださる支援者も年々増えて
おじさんたちもにぎやかで 楽しい あたたかい お盆を過ごしました。

参加された方コメントで補ってくださいね。 またお会いできますことを
楽しみにしています。

販売結果:
1日目 193食 2日目 214食 3日目 191食 
(無料券 49食分でました)

3日間でのべ50人近くのボランティアさんがお手伝い下さいました。
材料をカンパしてくださった方も 心配してくださった方も
ありがとうございました。
by musubi-pro | 2009-08-15 23:29 | むすび日記
<< 月末はアートで 夕涼み会 >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動