紙芝居劇むすび



一夜明けて

昨夜舞台でオペラを歌い 踊ったおじさんたちはどうしているのか。

朝にのぞくと 淡々と日常に戻っているおじさんたちがいた。
コップを洗って 朝の準備をしている人。
ランドリーから 洗濯物の詰まった袋をもって帰ってきた人。
2名はデイサービスの車が迎えにきて もう出かけていた。

「昨日はつかれたでしょ」とこちらを気遣ってくれる。
昨日の感想を聞くと「つかれた。…でも楽しかったよ。」とNiさん。

Adさんは「またやりたい!昨日は興奮して2時まで眠れんかった。」
Ktさんは「何をするのかわからなかったのですけど 会場に入った瞬間から
みんなが自然と仲間になったもんですから…」
と語ってくれた。

医者に行ったり 買い物したり おじさんたちもやることが溜まっているようだから
今日はコーヒーを飲んで 午前中で店じまい。

おじさんたちのうっとりしたような 夢の余韻のような表情を見ていると
3日間の経験が とてもいい刺激になり
またおじさんたちはひとまわり大きくなったみたい。

ココルームのみなさん はるばるイギリスから来られたオペラのみなさん
ブリティッシュカウンシルや ラッシュジャパン 共催・協賛団体のみなさん
参加者のみなさん 観客の皆さん にとにかく感謝します とむすび一同より。
by musubi-pro | 2009-09-01 17:48 | むすび日記
<< 近所の保育園へ ワークショップwithストリー... >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動