紙芝居劇むすび



おじさんたち いつもありがとう

今日は敬老の日。
高齢化の波が寄せる釜ヶ崎のあちこちでも
敬老会がひらかれていた。

むすびでは9月生まれ・10月生まれのメンバーの誕生会も兼ねているので
今日のメニューはお赤飯!そして慢性的な野菜不足のおじさんたちのために
(おじさんたちだけではないかも)野菜たっぷり味噌汁。

いつも来てくれる仲間たちに加えて 最近知り合った人や
今日たまたま訪れた人などが出入りして にぎやかな一日となった。

90歳の卒寿を祝ってもらったSnさんは
「90年間生きてきて こんなふうに祝ってもらったのは初めてじゃ」と
涙をこぼした。「真心がこもっとるもん」。との言葉に
一同もジーン…

Tbさんに恒例の生け花のお点前を見せてもらおうと
見守っていると 最初の1本だけ自ら生けて
「今日は みんなで生けましょう」と とっても粋な提案をしてくれた。
恐る恐る 花を生けていく仲間たち。
「わしは投げ込み流」 「わしは(残った花も生ける)もったいない流じゃ」
など 新流派が続々できるあたり むすびのおじさんたちっぽい。

阪神タイガースファンのSnさんには タイガースのマスコット ラッキーくんの
ぬいぐるみが贈られた。「サイコー!うーれしい~」とラッキーくんにキスの嵐で 
喜びをめいっぱいに表現してくれるSnさん。
この人を見ていると 長生きっていいな と自然と思える。
どうやったら こんなに謙虚に 素直に 美しく歳を重ねられるのだろう。

みんなで見上げた空に ヒコウキ雲がでていた。
同じ一点を見つめるみんなの顔の すがすがしいこと。
「天まで上がれ~ 天まで上がれ~」 と誰かが歌っている。
おじさんたちといると 雲ひとつで こんなに感動できるからすごい。

おしゃべりして ケーキを食べて
おじさんたちと過ごす一日。ゆっくりと でもあっという間に時間が過ぎる。

最後 おじさんたちに「ネコちゃんの紙芝居やって!」とみんなでねだって
紙芝居を上演してもらった。みんなが優しく見守る。

こうしていつもみんなを受け入れてくれて 一緒に遊んでくれる
おじさんたちに 「一日でも長生きして 一緒に楽しみましょう!」と
感謝と願いの気持ち。

肩ぐらいもんであげればよかった。
by musubi-pro | 2009-09-21 19:36 | むすび日記
<< むすびin堺 むすびワークショップ >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動