紙芝居劇むすび



からほりで紙芝居

松屋町 まっちゃまち からほり商店街の入り口にあるNPO
「高齢者外出介助の会」で紙芝居をした。

バザーで余った男性用の洋服を寄付してくださったり
ゆるやかにお付き合いがはじまった場所だ。

むすびと同じく介護保険やいろいろな制度から外れているお年寄りを
きめ細やかにサポートされている このNPO。

今日はお客さんは少なかったけど
むすびと赤ちゃん連れのお母さん方などでなんだかいい感じ。
e0035629_18097.jpg

商店街を拍子木打ちながらPRし(おじさんたち こういった街が似合う)
ぶんぶく茶釜を上演。
今日はあちこち間違ったり 飛ばしたり 人のセリフを取ったりだったので
紙芝居が終わるやいなや Niさんがメンバーにダメだししている。
「だいたい お前出るのが早すぎんのや」
「なんでしっかり台本見とかんのや。ぐちぐち。」
あの~ お客さん待ってはりますけど… 

ホッとして みんなでお茶タイムに突入した。
赤ちゃんを抱っこしたり いろんな世代がいて いろんな話に花が咲いて
それだけで楽しくて 充実した午後となった。
もうすぐ1歳になるKt君に泣かれて それでもうれしいじいちゃんたち。
e0035629_17594496.jpg

by musubi-pro | 2009-10-27 20:48 | むすび日記
<< 旅行に行きました おじさんたちの息抜き >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動