紙芝居劇むすび



旅行に行きました

さる11月2,3日 京都の美山町に旅行に行きました。
毎月なけなしの2000円ずつを積み立てて 年に1回行く旅行。

美山町と言えば茅葺(かやぶき)集落が有名。
おいしい空気と 健康的な食事で おじさんたちにリフレッシュしてほしくて。
ボランティアで車の運転を引き受けてくれたYgさん ありがとう!

天気はずっと雨、ときどき雷、そして今年一番の寒波。
むすびの旅行に雨ははじめてだったので
はじめて参加した90歳のSnさんが雨男や とか
体調が弱って今回一緒に来なかったTbさんが晴れ男だったんか とか
あれこれ噂がとびかい…

有機農法で育てた野菜を中心に おいしい手づくり料理をだしてくれる
アースガーデンでランチ。 ひとつひとつ本当においしくて
濃い味に慣れているおじさんたちも 素材の味に「うまい!」と堪能した。
e0035629_1130359.jpg

午後から何か体験しよう ということで
文化施設で クラフト体験。
ダルマの貯金箱 万華鏡 木の笛 バードコール。

自分でつくった万華鏡をのぞくと けっこうしばらく世界に浸れる。
楽しいけれど さっ寒い… その施設にある大きなお風呂に入ってから 宿に向かう。e0035629_11304040.jpge0035629_11305487.jpg







かやぶき集落は日が暮れると真っ暗で 道が狭い。
雨もひどく降ってきて 車中はパニック。
「ぎゃー こっち落ちるぞ!」「オーライ オーライ!」と
おじさんたちもスリルを味わう。

かやぶきの民宿の中はあったかで ご主人がおじさんたちを
気遣いながら 地鶏鍋を用意してくださる。
一日寒い思いをしてきたので ようやくホッとする一同。
みんなでつつく鍋はおいしい。
8時には食べ終わり「何しよ~」 寝る人と トランプに興じる人にわかれた。e0035629_11321455.jpge0035629_1132321.jpg







美山にも初雪が降ったほどの寒い夜。電気毛布を用意してもらった。
夜 襖一枚へだてて おじさんたちの寝息を聞いていると
Snさんの咳がひどくて ゼイゼイいっている。
寒さで死んでしまうのではないかと 心配になる。
トイレにもみんなよく起きる。間違って女性の部屋の襖を開ける人もいるし
おじいさんたちの夜はオールナイトだ。

それでも朝になるといつもの様子で元気に起きてきて
いつものおじさんたちらしく冗談を言ったり 歩き回っている。
あらためて この人たちが紙芝居をやっている奇跡を思う。
e0035629_11361338.jpg

翌日もあいにくのお天気。ドライブで山の方をまわって
森林浴をしっかりしてから 京都の仁和寺に寄り道して帰った。
たまには紙芝居抜きで みんなで寝食をともにする というのは
普段と違ったその人を見ることもできて 楽しい。

高齢化したむすび 90歳のおじいさんもいる 来年はどうなるか?なんて
わからないなか みんなでお出かけできたこと自体がうれしかった
旅でした。
e0035629_11363439.jpg

by musubi-pro | 2009-11-18 11:36 | むすび日記
<< 踊るおじいちゃんたち からほりで紙芝居 >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動