紙芝居劇むすび



フラワーアレンジメント ワークショップ

3月に続いて2回目のフラワーアレンジメントワークショップ。

テーマは「心に花いちりん」
おじさんだって 花を愛でて 癒されたい。

講師は塩川先生。いつもありがとうございます。

はじめて参加するおじさんたちは オアシスとナイロンペーパーで土台をつくりながら
「???」 何が起こるのかわからず こわごわ。
e0035629_1824084.jpg
今日のお花はストック 菊 カーネーション 千日紅 赤い実がついてるやつ(名前忘れた) アイビー など。
ピンクっぽい配色が おじさんたちの乙女心をくすぐる。
前回繊細なタッチでみんなに褒められたAdさんは すっすとオアシスに花を挿していく。
e0035629_1881962.jpg

先生のお手本を見て 自分たちで生けるのだが
みんなそれぞれの道を突き進み
やたら背が高くそびえたっているもの ちまちまと可愛らしいもの
Snさんはまん中にドカンとストックの束を据えた。
先生に手直ししてもらうと それぞれいい感じになった。
e0035629_18937.jpg
できた人は 他の人の作品を見て回る。いろいろな個性がさく裂している。
ひとつひとつ表情の違う作品があるから 自分の作品がよりいとおしくて
Hjさんは「これ わしがつくったんや!どうや?」と何度も聞いてくる。
あちこちから「生まれてはじめて!」という声が聞こえてくる。

先生の講評。「それぞれ個性があって 味があって いいですね」という感想から
「テーブルに置く場合は 相手の顔が見えるような高さにするといいですよ」など
技術についても教えていただいた。

むすびのメンバーではないTkさんは「お父ちゃんとお母ちゃんの遺影の前に飾ります」
と大事そうに花をもって帰ったし
いつも酔っぱらってエッグスでくだをまくので ときには強制退去させられる
名も知らないオッチャンも 作品はつくらなかったものの
自分のカメラを持ってきて みんなの作品を撮ったり 意外とこの人が
花に詳しいことをみんなは知った。
e0035629_18172978.jpg
花の前ではイガイガする人もいないのか みんなふんわり柔らかく笑った休日の午後でした。

そして ワークショップが終わると キリリと気分を締めて
紙芝居の練習をはじめたおじさんたちでした。
(26日に十三の保育園で久々の「桃太郎」をするので気合いが入っている)
by musubi-pro | 2009-11-23 22:59 | むすび日記
<< 最高のこどもたち 踊るおじいちゃんたち >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動