紙芝居劇むすび



最高のこどもたち

十三の保育園にお呼ばれして紙芝居をすることになった。

はじめての場所だったが 先生がたをはじめ
みんなで「おっちゃんたち いつくるの?」と 首を長くして
待ってくれていたそうだ。

講堂には100人以上の0歳から6歳のこどもたち。
久々に上演する「桃太郎」を 一生懸命見つめている。
まだ小さな赤ちゃんでさえ むすびのおじさんたちの声色に
「いったい 何者なの?」といった表情で注目している。

おじさんたちは こうした観客のまなざしが大好きである。
一生懸命見てくれている!と思うと がぜん張り切ってしまう。

紙芝居が終わっても 興味津々で双方の歩み寄りは 終わらない。
「鬼が持っているのは何?」との質問に
金棒…と答えると思いきや 「これはね 君たちが持ってはいけない金属バットだよ」
と これには大人たちが大爆笑。
e0035629_1553263.jpg

保育園の先生方の配慮で 今日はおじさんたち
各教室でこどもたちと遊び 給食を一緒にとることになった。

紙芝居はおじさんたちの自己紹介がわりであって 
その前後の交流が実は一番大事なのだ。
紙芝居を演じきって 光り輝くスターであるおじさんたちに
こどもたちは狂喜乱舞のようすで 飛びついてくる。
さっそく粘土で「おじいちゃんたち」をつくっているこどももいる。

ある先生が「あちらで おじいちゃんの膝にこどもが乗って かわいらしいんですよ!」
と私を他の教室に連れて行ってくださる。
おじいちゃんとこどもたちのスキンシップは 見ている人をも和ませる。
家族と離別し もちろん孫なんて抱いたこともないおじさんたちは 
こどもの感触にとってもやさしい表情を浮かべているのだった。 
e0035629_1615743.jpg

給食 こどもたちにお世話されて いっしょに小さなテーブルについて
「いただきます」をする。もうすっかりおじさんたちに夢中のこどもたちが
いっぱい話しかけてきてくれる。体調もしんどいし いろいろ大変だけど
(むすびやっててよかった)と思える瞬間なのだ。
e0035629_1664288.jpg
帰る時も門のところまでこどもたちが自然と集まって花道をつくってくれている。
「バンザイしよう!」とこどもたちがいいだして みんなで両手をあげて祝福してくれる。
握手を求めて おじさんたちに群がって 最後の「だっこ」を求めるこどもたちも。
「またきてね!」「またくるよ」 自然に交わされたことばが
ほんとうにうつくしく響いた。
e0035629_16192488.jpg
「今日は最高の公演だったんじゃない?」と前回の八尾公演でもそう言っていたSiさん。
毎回最高と思えるなんて すごいなぁ。
by musubi-pro | 2009-11-26 20:42 | むすび日記
<< 冬を乗り切ろう フラワーアレンジメント ワーク... >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動