紙芝居劇むすび



かわいい失敗

19日 和泉市にある知的障害者の方が入居される施設のクリスマス会に呼ばれた。

若い方が多い 会場の熱気にもおじさんたちはマイペースに貫く。
途中 台本のどこを読んでいるのかわからなくなってしまったNiさん。
「・・・・・」 沈黙が続く中 真ん前に座っていた女性が「もーもたろさん ももたろさん♪」
と口ずさみはじめた。

何を思ったかNiさんも「おーこしーにつけた キビだんご~♪」と小さな声で
つられて歌いだした。

「ちょっと…」 「おい ちがうで 4ページ 4ページ!」と悲痛な顔の仲間。
80歳前後のメンバーが増えて フォローする仲間自信も危うかったりするなか
最後はきっちりと「めでたし めでたし」と声をそろえたのでした。

誠心誠意ステージで自分の役を演じるおじさんたちの気合いと
素のおじいちゃんになっちゃう瞬間のギャップが
なんともおもしろく かわいらしいひとコマでした。
by musubi-pro | 2009-12-19 20:03 | むすび日記
<< 仕事納め 紙芝居ライブ >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動