紙芝居劇むすび



元気に年越し☆

今年の紙芝居公演が20日に終わってからは(4月から数えてもなんと30公演を行いました)
普通のおじいちゃんモードに入って クリスマス会 大掃除と
みんなで年末のせわしさを分かち合ったむすびの仲間たち。

クリスマス会では 今年ワークショップの講師としておつきあいいただいた
幸田さんが遊びにきてくださって 牛乳パックカスタネットを伝授。
音楽が苦手で 紙芝居の中でも歌となるとシュンとしているおじさんたちも
手作り楽器を鳴らしながらだと 心も弾む♪

今日はむすびに集まるのは今年最後だったので
大掃除をする。
いつもは仲間に指示をあおぐ新人さんも
「オレ エアコンやるわ」 「それ 洗ってきます」 と自然と動き
お手伝いに若いサポーターの仲間たちがひとり またひとりとやってきて
おじさんたちが捨てられない不要物を潔くゴミ袋に放り込み
エッグスはすっきりとしていく。

そして恒例の年越し蕎麦を若者チームがつくって みんなでいただく。
そばを食べながらだと「今年も終わりだねぇ」などと年末風情があふれる。
今年は婦木さんというメンバーを亡くしたが
婦木さんの土台の上に 新人さんが根を下ろし 心はつながっている。

今年テレビに特集された時のディレクターさんからも電話がかかってきた。
紙芝居デビューをあたたかく見守ってもらった90歳のSnさん 
うれしくって「まいど!おおきに! へぇ 元気です!」と
普段みんなに置いて行かれがちで へこんでいたらしいのだけど
ご機嫌復活! 点滴にも勝る 特効薬のごとく 元気を取り戻したのであった。

この数日 年末のあいさつに来てくださる人あり お菓子を差し入れてくださる人あり
何人かを近所のos劇場に招待してくれた人あり
たくさんの孝行息子や娘をもったおじさんたちは
瞳をきらきらさせて 一人の部屋に帰って行った。

どなたさまも あたたかく新年を迎えられますように。
by musubi-pro | 2009-12-29 23:49 | むすび日記
<< あけましておめでとうございます 仕事納め >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動