紙芝居劇むすび



誕生会

1,2月の人の誕生会をひらいた。
Adさんが82歳に Niさんが79歳に そして久々登場のSmさんが75歳に
それぞれ年齢を重ねた。

50代の新人さんは体調を崩して入院してしまったし
今まで元気だった人が不調を訴えたり
逆に今まで寝込んでいた人が 返り咲いたり
超高齢期を迎えたむすびは 毎日状況が変わる。

むすびのムードメーカーとして 中心を担っていたSmさんも
心臓を患い 昨年は手術をしたりして3年近くも距離を開けていたのに
今日は朝からやってきて 自慢の「だんご汁」をつくってくれるという。
みんなにまんべんなく声をかけながら 時折とぼけて笑わせながら
鍋いっぱいのだんご汁が完成。
「おかわりは?」と みんなによそってくれる雰囲気も あたたかみがある。
e0035629_9583584.jpg
そして余興に 先日教えていただいた牛乳パックの「手づくりカスタネット」登場。手拍子がわりにカチカチ鳴らせば 自然と歌が出てくる。自然とみんなが呼吸を合わせる。おじさんたちの必殺技として 今後披露していけそうだ。自分で絵を描いてつくったカスタネットをカチカチしているおじさんたち なんだかとても幸せそう。
e0035629_1021468.jpg
一緒にごはんを食べ 遊び しゃべって 今日は愛情たっぷり詰まった「松波」さんのケーキでお茶をして 体調悪くてしんどかった人 仲間との距離感に苦しんだ人 いろいろあったが みんなが集まってささやかに遊んだ休日。悪いわけがない。
by musubi-pro | 2010-01-11 19:46 | むすび日記
<< 埼玉遠征記 あけましておめでとうございます >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動