紙芝居劇むすび



紙芝居のないとき

紙芝居がないときのおじさんたちは 普通におっちゃんたち。

誰かをいじって遊んだり
お菓子を買ってきてみんなでボリボリ食べたり
コインランドリーに洗濯しに行ったり
エッグスにもヘルパーさんや病院の先生が出入りして
おじさんたちの日常感たっぷりの空間。

「先生 ちょっと3本ぐらい注射しといてやってや」とヤジが入り
「Hjさん あんたそろそろ給食の時間やで」と世話焼きがあり
疲れたらすぐ帰る人 うろちょろする人 ずっといる人など
めまぐるしく おじさんたちが出入りする。

紙芝居がある とか お客さんが来る となると
おじさんたちにも多少緊張感が走る。
遊びに来られる方 「ふらっと寄ったよ~」という感じが
素顔のおじさんたちに溶け込めるコツです。

今日は90歳Snさんが 仲間に散髪してもらうことになっていた。
Siさんがみんなのために購入したバリカンがうなる。
「来週東京行くんやろ。髪が伸びてるから ついでにやってもらえ」とみんなに言われて
Hjさんも散髪(というか剃髪)してもらう。

可愛がり 可愛がられて いい笑顔。
e0035629_1664060.jpg

by musubi-pro | 2010-02-11 20:47 | むすび日記
<< しあわせおっちゃんたち 徳島から見学者 >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動