紙芝居劇むすび



商品開発

TシャツはXLしか残ってないし キーホルダーは誰も作らなくなったし
手が回らなくて むすびグッズが品切れ状態。

おじさんたちが普段手を動かしたり 共同作業による仲間意識を育むために
そしてあわよくば活動資金の足しになれば と
イラストがとってもあたたかくてかわいい岡本さんを講師に
バッチづくりのワークショップをひらいた。

絵を描いて 型にいれてガチャンガチャンとマシーンを使っての作業。
これならおじさんたちで できるかも。

おじさんたちの絵が とっても斬新でかわいいことを最近知って
そしておじさんたちもだんだん絵を描くことに慣れてきたので
「何を描いたらいいんじゃ~」といいながらも真剣に紙に向かう。
e0035629_1144930.jpg
お互いに描いたものを冷やかしたり 感心したり ワアワア騒ぎながら まるでスクールボーイズ。
e0035629_1172918.jpg
けっこう素敵な作品がたくさんできて おじさんたちの発想のおもしろさにあらためてビックリ!紙芝居の表現と一緒で 絵も機をてらったりせずに自然体。ヨレヨレの線で描いたイヌともヤギともつかない動物。鉛筆の線がのたくっただけの物体 恥じらいながら小さく描いたサクランボ とか。バッチにすると案外オシャレ。
e0035629_1193414.jpg
最後はみんなでシメの歌を歌って岡本先生に感謝をのべる。みんなでやればなんでも楽しい☆
e0035629_11154591.jpg

by musubi-pro | 2010-02-28 22:53 | むすび日記
<< 曇りの日 東京公演 >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動