紙芝居劇むすび



紙芝居じゃないときでも

むすびのおじさんたちのファッションの自由さというか
仲良さそうな雰囲気というか
電車で移動するときにも おじさんたちは人の目を引く。

なんせ見たからにおじいちゃんたちなので席を譲ってもらうと
「ありがとう」と座る人も 「いやいや僕は…」と見栄を張る人もいるけど
「お前 ありがたく座っとけよ!」「おーい こっち空いたでぇ」
「あぁ どうもすんません」 エッグスの状態そのままである。

ネクタイしめて Jリーグの帽子をかぶったHjさんを
隣に座った女性がチラリと見る。会話しながらニッコリ笑った本所さんに
女性も思わずニッコリ。

おじさんたちが電車を先に降りて 電車に残った私とスタッフのKmさんを
手を振ったり ポーズを決めたり ニコニコして見送ってくれるおじさんたちを
横にいた女性たちが「うふふ」と やさしく見つめてくださる。

紙芝居をしていなくても周囲の人をやさしい気持ちにさせる
むすびのおじさんたちってすごい。

今日の紙芝居も一生懸命つとめてきた。
「よかったよ」と言うと ようやくホーっとした顔で「そう言ってもらえたら一番の喜びじゃ」
と輝いたSnさん。
帰り道タクシーがつかまらなくて たくさん歩かせてしまって恐縮していると
足の悪いSiさんが「なんのなんの。ちょうどいいリハビリになるよ」と
元気いっぱいに答えてくれた。この強さと明るさにいつも助けられる。
by musubi-pro | 2010-03-20 22:24 | むすび日記
<< かわいいファン じいちゃん少女「トモちゃん」 >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動