紙芝居劇むすび



桜の下で

河内長野市にある長野公園の「さくらまつり」にて
こどもたちの手づくり体験コーナーで サプライズ紙芝居をする。

さくらのクッキーや 手すきハガキをつくっている親子連れが
焼いたり 乾いたりするのを待ってる間に紙芝居を見てもらう という企画。

長野公園は小高い山の上。
続く階段と急な坂道に おじさんたちは一瞬たじろぐ。
心臓が悪い人 膝が痛い人 体力がめっきり落ちた人
そんなおじいちゃんばかりで 上がって行く。

しかし丘にのぼると 川が流れ 街が見渡せ 桜もちょうど満開になっている。
「やれやれ どうなることかと思った!」
待ち時間には桜の木の下に座って
衣裳を身につけ お面をかぶってスタンバイしているおじさんたちに
通行人は興味津津。

78歳の女性が 趣味のカメラを手に
「紙芝居を撮ってもいいですか」と いつのまにか行動をともにしてくださっている。
手づくりハガキ体験に参加したおじさんたちと親子連れも自然と会話している。
 H j 「何を つくるのや?」
 女性 「ハガキです」
 H j 「カ ラ シ?」
 女性 「ハ ガ キ。 カラシは作れないでしょう…」

狙わずとも まわりの人たちの方の力を抜くのが上手なおじさんたち。
今日は白鳥さん登場シーンで おじさんたち選曲の「春が来た」を歌って
91歳Snさんの捨て身の絶唱に みんなゾゾっときたりして
春のおだやかな気候の中 屋外でのんびりと楽しんだ。

帰り道 急な坂道をみんなで恐る恐る下りていると
写真を撮っていた女性が また寄ってきてくださった。
「いいのが取れていたら 写真送りますね」

むすびは出会いに恵まれている。
e0035629_15554987.jpg

by musubi-pro | 2010-04-04 21:34 | むすび日記
<< 屋内ピクニック かわいいファン >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動