紙芝居劇むすび



冷蔵庫 こわれる

5年前ぐらいに 道に落ちていた大きな冷蔵庫を
おじさんたちがみんなで運び きれいにして 使っていたのだけど
ついに壊れてしまった。

もしどなたかいらない冷蔵庫をご存じでしたら
ご一報ください。
大きさは問いません。

→06-6635-2699


余談だが
こわれた大きな冷蔵庫をどうしよう といっていたとき
おじさんが「解体屋さん」というおじさんをどこからか呼んできて
持って行ってもらう算段をしている。

引き取りの料金は?と聞くと 解体屋さんは
「いらないいらない。壊れた電化製品か 古着があればありがたいね」という。
倉庫に眠っていた古着を1箱渡して 取引が成立した。

釜ヶ崎には独自の流通やリサイクルのシステムがあるようで
道から拾ったり(私もタンスを拾って持って帰ったことがある)
誰かが 部品をバラして 各取引先に売りに行ったり
お礼に渡したものが路上で売られたり

いろんなやりとり かけひき
人とものが グルグルまわっている。
by musubi-pro | 2010-05-14 16:08 | むすび日記
<< パン屋さん公演 リハーサル >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動