紙芝居劇むすび



おせんべい ぼりぼり

いただきものの おせんべいをみんなで食べている時も
修学旅行並みの大騒ぎ。

おせんべいが大好きなものの 入れ歯を入れていない人も多いむすび。
「よぉ 口の中であたためて(ふやかして)食べななぁ」
「歯がないからな すこしずつ ねぶって食べんねん」

歯の悪い仲間のために おせんべいを一口に割ってあげたSmさん。
「ほれ」
と2人並んだSnさんとHjさんにひとつずつ渡してあげる。
鳥のヒナのように並んで 口に入れては次のかけらを待っているおじいちゃんたち。
おっちゃん同士ながら Smさんもなんだかかわいらしく思えてきたらしく
頬を赤らめながら せんべいを割り 次々手渡す。

「うまい もっとくれ」
長老は今日も元気に 生きることに貪欲なのだった。 
by musubi-pro | 2010-06-24 17:48 | むすび日記
<< デイサービスにて 流れ作業 >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動