紙芝居劇むすび



デイサービスにて

「紙芝居の公演ないんか」とシビレを切らせた長老Snさんが
自ら通うデイサービスセンターにお願いして
紙芝居を公演することになった。

お客さんは「じいちゃん」ことSnさんを知る人ばかり。
腹から声を出して台詞を読む長老を見て「あら上手~」とか
拍手がパラパラと起こる。

お客さんはそれぞれに ここがおもしろい とか
あのじいちゃんかわいい とか 感想をもらしつつ
ときおりカラカラと明るい声をたてて楽しんでくださっていたようだ。

Hjさんの少女姿に「なんときれいな女性かとおもった」と
目がハートマーク♥のおじいちゃんがいたり
お母さん役だったので厚化粧したSnさんが「わし べっぴんじゃろ」
とPRしたり 同年代のみなさんが和気あいあい。

送迎の車を待つ間 デイのレクリエーションにも参加したおじさんたち。
新聞紙を丸めた棒で 向かい合ったチーム同士がゴムボールを
それぞれ右と左のゴールに送っていくゲーム。

お年寄りとは思えない激しさでラリーが行われたり
みんな眉を寄せ 歯を食いしばり すごい形相でボールをしばき合う。
Hjさんが信じられない速さでボールをバシバシ打ったり
NiさんとAdさんは おっとりと みんなの速度についていけてなかったり
若いMkさんはロングシュートでお年寄りたちを驚かせたり。
へとへとになった仲間たちであった。
e0035629_14251944.jpg

今日初めて台詞でデビューした新人さん 今年還暦のMmさんは
みんなに祝福されて はにかみながらいい笑顔をしていた。

応援している私たちの世代がむすびに追いつくまで
どうかつないでください。
by musubi-pro | 2010-06-29 21:11 | むすび日記
<< 冷蔵庫 買いました おせんべい ぼりぼり >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動