紙芝居劇むすび



冷蔵庫 買いました

冷蔵庫が壊れて1カ月 人から譲ってもらうにしても
一部が壊れていたり 運搬は とか考えると なかなか踏み切れず
おじさんたちが「月末の保護費が支給されたら千円ずつ出し合って冷蔵庫買おう!」
と言いだした。

自分たちで買う自分たちの冷蔵庫。
ときには人に甘んじず 自分たちも身銭をきろう と なんという潔さ。
朝から自転車でリサイクルショップを何軒もまわってくれたり
近所の古物屋で交渉してくれたり みんな真剣に力を合わせる。

結局一番近くの古物屋で「予算がこれだけしか…」と値切って
1万5千円の2ドア冷蔵庫を購入。
この時期中古冷蔵庫の値段が跳ね上がっていて ひとり2千円ずつのカンパとなったが
「見栄えがええわ」とおじさんたち大満足。

さっそく中を拭いてくれる人 アイスクリームを買ってくる人
麦茶を仕込んでくれる人 うれしげに見つめている人
おじさんたちのチームワークは並外れている。

しかも冷蔵庫が置いたとたんに 来客が次々とあって
エッグスはみるみる満員御礼。「人を呼ぶ幸運の冷蔵庫?」
とますます愛着を感じる一同であった。
by musubi-pro | 2010-07-01 22:17 | むすび日記
<< 七夕 デイサービスにて >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動