紙芝居劇むすび



夏祭り2010

今年の夏は暑かった。酷暑の中の屋台出店が無事終わりました。

8/13
11時スタート。
初日はいつもながらドタバタで 段取りが整うまでに時間がかかる。
それでもお手伝いのみなさんが続々と駆けつけてくださり
部屋の中は湯気と 人体から発する体温で ムっとする暑さ。
助っ人軍団がちょっとずつ流れをつくり ラインができていく。
「休んでください」という言葉にも耳を貸さず おじさんたちも参加。
e0035629_1029469.jpg

16時にはおむすびが出来上がり 三角公園に運ぶ。置いた端から売れ始め
あれよあれよと18:20 198パックが完売。
e0035629_1032887.jpg


8/14
昨日あまりにもすぐに売れたので 今日はもうちょっとたくさん作ろう と
朝行くとおじさんたちがお米を既にセットしてくれていた。
しかも今日はボランティア協会のお姉さま方が団体で参加。
一糸乱れぬ連携プレーで ご飯が次々とおむすびに変わっていく。
e0035629_10354339.jpg

午前中 ワイワイと話に花が咲いていたエッグスも
午後には次第に無口になり
米の詰め方 海苔の位置 おむすびの位置 ゴマの量
あちこちからダメ出しが出たり 職人の領域にはいってきた。
そして三角公園へ。

2日目の中だるみなのか 人の出が少ない。
なぜかどの屋台もモノが売れず 四苦八苦している。
とくに増産をしてきたむすびの屋台は 販売に困難を極めた。
7時をまわってもほとんど在庫は減らず 8時になってもたくさん余っている。
箱にパックを詰めて まつり会場を売り歩く「移動販売部隊」が出動し
「おむすび いりませんかー いりませんかー」と切羽詰まっていると
地元のこどもが看板をもって 呼び込みをやってくれたり
日に焼けた労働者のお兄ちゃんが出張販売に行ってくれたり
知り合いに頼んでくれる人 前で踊ってくれる人
居合わせた人が とっても快く販売を手伝ってくれて 感激。
e0035629_10521223.jpg

おじさんたちは8時過ぎた頃から「足が痛い…」「ワシ もうアカン」と
次々ダウンして帰っていく。おじさんたちのためにも完売したい。
そして皆さんの協力を得て 21:00完売。全部で270パックだった。

8/15

いよいよ3日目。みんな「疲れた~」といいながら 最後のスパート。
昨日の販売の苦労があったから「今日はあんまり作らんとこな」と
弱気路線。みんなの健康第一です。

3日目になると助っ人たちの人間関係もスムーズになり
あちこちで話し込んだり 自然に助け合っている様がほほえましい。
2日目の助っ人が要領を今日来た助っ人にレクチャーしたり
みんなすっかりおむすび職人になった。
e0035629_1058052.jpg

3日目になると屋台にも常連さんができている。
「昨日おいしかったから また買いに来たよ」という声が多くてうれしい。
お客さんの笑顔は本当に力になる。
たこ焼きを買ったら その屋台のお兄さんが逆に買いに来てくれたり
昨日販売を手伝ってくれたこども営業部や お兄さん営業部も今日も出動。
商売というのは単に金とモノの交換ではなく
人の交流のきっかけであり 相互扶助の方法なのかと思ったりする。

今日もぼちぼちとした売れ具合だったけど 8時過ぎには完売。
210パックが出た。最後の一個は「あと一個!」コールで
みんなの拍手を浴びてオッチャンが照れながら買っていった。
今年は暑さと売れ行きの悪さで苦労した分 うれしさもひとしお。
e0035629_10595911.jpg


お米を炊くのを手伝ってくださったココルームさんをはじめ
今年もたくさんの助っ人さんにお助けいただいて
材料やお金のカンパや差し入れなどをいただきました。

おじさんたちもかなりしんどそうだったものの
「やりきった達成感」を感じて みなさんと楽しい時間を過ごせました。
むすび一同深く感謝を申し上げます。
by musubi-pro | 2010-08-15 22:22 | むすび日記
<< 人生の兄さんたち いよいよ明日から >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動