紙芝居劇むすび



人生の兄さんたち

今日はこどもたちの声でできた2日かぎりの学校の1日目に
お呼ばれし 栂文化会館にてトークと紙芝居。

こどもたちが授業を決め 企画をねり 実行するがっこう。
むすびはおじいさんたちに話を聞こう という授業のゲストになった。
その名も「人生の兄さん マジックパワフル」。なんて素敵なタイトルなんだろう。
こどもたちにとっては おそらく「ひいおじいちゃん」の年代なのに
「兄さん」と呼んでくれる このやさしさ。
e0035629_11111775.jpg
授業はこどもたちに促されて 自己紹介からはじまった。
「名前と 年齢と 好きな食べ物を教えてください」
「好きな食べ物は魚」「私はなんでも食べますよ」「好きなのは…おかゆ」
80歳 90歳 という年齢にこどもたち「おぉー!!」と大興奮している。

質問コーナーではあみだくじで当った質問をそれぞれ答えていく。
「人生で悲しかったことは何ですか」 「戦争中軍属で働いたこと。一番悲しい思い出です。」
おそらく「軍属」ということばがわからなかったであろうこどもたち。
でもSnさんの悲しい声に こどもたちはあえて質問せずに共感してくれていたようだった。
 
「今までで何人ぐらいの人を好きになりましたか?」という質問には
おじさんたちドキドキ! 
「いやぁ…いまだに一人もんなんでね」とMkさんが答えると
こどもたちはザワザワ 「ひとりもん??」「あっ ひとりっ子ってこと!」
なんだか噛み合わない質問コーナー だけど 
おじさんたちが答えるたびに こどもたちは拍手をもって応えてくれる。
e0035629_11222244.jpg

途中 こどもたちが朝から手作りしてくれたというドラやきとお茶が出され
なんと肩もみもしてくれるという。こどもたちの小さい手が
遠慮がちにおじさんたちの肩にふれる。
おじさんたちをもてなすために 一生懸命計画し 心を尽くしてくれているのが
とってもよく伝わってくる。
e0035629_11244993.jpg
その後紙芝居をするとにぎやかだったこどもたちは 水を打ったように集中して観てくれた。

兄さんたちの授業の後の こどもたちのゴスペルの発表を見せてもらい
またお茶をいただいて帰る時 「むすびさんたち帰られますよ~」という声に
みんなが拍手と「ありがとう」という声で送ってくれた。

この暑さで弱った体と心に 染みたイベントでした。
みなさん 本当にありがとうございました。
「ぶんちゃんの冥土めぐり」の青鬼のセリフではないけど
「わたしたちは あの子によって やさしさ というものを知りました」。
by musubi-pro | 2010-08-25 11:29 | むすび日記
<< 絶叫系 夏祭り2010 >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動