紙芝居劇むすび



長老ダウンする

おおよど縁パワーネットのイベントに出演する。
使われていた空き銭湯そのものを利用し
脱衣所にお客さんの椅子が並べられて 心地いい空間ができている。

お客さんも近所のおばちゃんたちなどお馴染さんたちなのか
いい雰囲気。

共演の民謡のお姉さんの三味線が小気味よく響くなか
ほっぺにピンクのお化粧まで施して 出番を待っていたSnさんが
「今日はあかんわ すまんけど紙芝居出られへん」とダウン。
ずっと調子が悪かったのに「迷惑になるし しんどくてもお客さんの前に立ちたい」
と踏ん張ってきたのが ついに限界に達したらしい。

長椅子に横になったSnさん。「ゲホ ゲホ!」と咳が響く。
紙芝居は急きょ代役をたてた。
紙芝居の最中はパワーネットのスタッフのみなさんが
Snさんに飲み物を持って行ってくださったり 横についてくださったり
なんやかんやと みなさんが心配して動いてくださった。
ありがとうございました。

Snさんの意思を見守ってきた仲間たちも
「しばらく 紙芝居に出たらあかんで。ちゃんと体を治してからにせえ」
とさすがにストップを出した。
長老が早く回復し 茶目っ気たっぷりの演技を見せてくれることを心待ちにする。
(食欲は落ちていないようなので 休めば元気になるのではと思われる)
by musubi-pro | 2011-01-29 22:55 | むすび日記
<< めげずに インターナショナル >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動