紙芝居劇むすび



春のパン屋さん公演

たんなる公演場所というわけではなく おじさんたちの立ち寄り処でもあり
スタッフの憩いの場でもあり お互いに元気をもらいもらわれるパワースポット
「パンと喫茶 松波」さん。

31人のお客さんで お店は満員御礼となった。(ありがとうございます)

紙芝居は「おっちゃんたちのロンドン珍道中」。
おじさんたちの気力が心配されていたのだが やっぱり本番になると真剣な顔に変わっていた。
いっぱいボケて いっぱい楽しんだおじさんたちの思い出紙芝居は
新しいメンバーたちによって見事に再生された。
e0035629_1052357.jpg

お客さんのティータイムの後 第2部はかねてから味のあるお店のお母さんと
実現したかったおじさんたちとの対談。

「どんな悪いことをしてきたの?」「女を泣かせたの?」と
するどく切り込むお母さんに おじさんたちも本音トークで
「人生で何もいいことをしてこなかったから
 今は紙芝居を頑張ってちょっとはいいことできてるかなぁと思います。」
親の金をだまし取ったり おかまさんと付き合ったり。
「でも警察のご厄介になったことはおまへんで!」と長老。

おじさんたちが話すたびに「えっ シノギ屋って?」とか
こどもさんに「おかまさん」の説明をしてくださるお母さんがいたり(すみません)
隔たっていた世界がじんわり重なっていったような気がした。

リーダーのAdさんも今日は珍しくありのままの気持ちを語る。
「紙芝居をやっているから自分の人生はこれでいい とは思っていない」
「頑張って一生懸命やるつもりはない。自然にまかせて 呼ばれたら行って」
「人生はいいものとも思わないし 悪いものとも思わない。どちらでもない」
83歳になったAdさんの横顔が現実を見つめていた。
e0035629_10181788.jpg

おじさんたちのトークで 紙芝居をやるということが慰めになっていることが
よくわかった。人のため 使命感でやっているのではないし
ただの変わったおっちゃんたちなのでもなく
一人ひとりに人生があるのだということを ちくりと感じさせてくれた。

最後はSnさんの「東京音頭」とHjさんの踊りでシメ。
お客さんたちが帰る時 おじさんたちに握手を求めたり
励ましのことばをかけてくださる姿が とてもうれしかった。
e0035629_1026786.jpg

■東北地震災害義援金の報告

・収入
小学生以下3人×@1000=3000円 一般25人×@1500=37500

合計 40500円

・支出
松波さんお茶・おやつ経費 22400円(800×28人 会場費は無料)
メンバー・スタッフ移動費  3800円(往復400×10人―回数券割引200円) 
 
合計 26200円

利益 14300円 ←これにメンバースタッフのカンパを添えて
           寄付先を検討の上 4月初旬に送金させていただきます。


   ~ご来場くださったみなさま 本当にありがとうございました。~
e0035629_10452854.jpg

by musubi-pro | 2011-03-21 22:56 | むすび日記
<< 生身の人間 みんなで渡ればこわくない >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動