紙芝居劇むすび



WEフォーラム

なんと朝の集合時点で2人がいない。出発時間になっても現れないので
みんなイライラし始めた。

部屋に呼びに行ったり 通りを眺めては「まだか まだか」
そのうち「見つかりましたよぉ!」と声がした。
Hjさんが惣菜屋で朝食を購入しているところを発見!
「今日 紙芝居あるのん わすれとった」と。

もう出かけないといけない。まだ来ないMmさんは 自力で来ることを祈って
『天満橋 ドーンセンターに来ること』と書いた紙をエッグスのシャッターに貼った。

マネージャーが映像を見ていただくためにプロジェクターの
コンセントをうっかり抜いてしまって
映らなくなって大騒動になった。
「ちょっと落ち着こう。最初から落ち着いてやったらできるから」
誰かの言葉どおり 開演ちょうどにこれも間に合い
寝坊したというMmさんも電車に乗って会場にたどりついていた。

むすびはいつも最後にはなんとかなる。

紙芝居では白鳥役のSn長老が村田秀雄の「王将」を3番まで
フルコーラスで歌いながら飴をお客さんに配ってくれた。
トークでは「好きな女性のタイプは」と聞かれて
自分の女性経験を語ってしまう人 真っ赤になって答えられない人
「一緒に住んでくれる人がいたらいいだろうとは思う」と
募集をした人。 結局話題から逸れたおじさんたちだった。

最後の最後。いつもマイクを渡してもはじらってあまり話さないHjさんが
何かしゃべりたそうにしている。
「わし 今までずっと寂しかったけど むすびに入って
みんなと紙芝居できてうれしいです…」と
顔をくしゃっとして 泣いた。

心配はそっちのけで 今日もやっぱり素敵なおじさんたちなのでした。
by musubi-pro | 2011-07-31 20:20 | むすび日記
<< 釜ヶ崎夏まつり2011 終了! やばい状況脱出! >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動