紙芝居劇むすび



盛大に 誕生日会

今日はSn長老の92回目の誕生日。
誕生会を「むすび研究会」との合同で にぎやかに行った。
総勢17人でエッグスは満員御礼となった。

誕生会のメニューは「焼きそば」。
参加者が打ち合わせもないのに 鍋やお皿など持ち寄り
今日結成されたケータリング班が手際よく料理をする。

ずっと料理長を担ってきたSmさんは今日は若者たちがやってくれるので
「今日は口ださんとこ」と うれしそうに焼きそばができるのを
見守っていた。
e0035629_9375396.jpg

いいにおいがしてくると Snさんもたまらず近くに寄ってきて
「うまそうじゃの~ においだけでもおなかふくれるわ~」と
思わずくねくねダンス。「か~わいい!」とみんな。
e0035629_9392535.jpg

料理をしてみんなで食べることが こんなに特別で
うれしいことだったなんて と あらためて思う。
その裏には 作る人 配膳する人 お茶を配る人 数を確認する人
みんなができることをして 協力し合うところにあると思う。

食べる時 突如Hjさんが「ハッピーバースデイ トゥ ユゥ♪」と
歌い始めた。みんなも続いて感動の合唱。 しかし耳の悪いSnさんには
歌は聞こえていなかったようだった。 「まぁ ええか」
e0035629_9475625.jpg

その後 片づけをして
新作紙芝居のネタ探しも含めて Snさんの話を聞く。
炭鉱で タコ部屋で 小さな体ひとつで生きてきたSnさんの話と
彼の元気のいい大きな声に みんなは「これぞ長生きのエネルギー」と
感心しながら ケーキを食べ 阪神タイガーズグッズをプレゼントし
幸せすぎて昇天してしまいそうなSnさんを見つめた。

いっぱい食べて いっぱい笑って ときどき感動して泣いて
みんなのアニキは今日も人間らしく みんなをひとつにしてくれました。
e0035629_9541832.jpg

by musubi-pro | 2011-09-10 20:26 | むすび日記
<< 訃報・・・ むすび 映画に >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動