紙芝居劇むすび



今年もスタート!

むすびの正月は住吉大社の初もうでで始まる。

Niさんは入院中だし Hjさんは風邪をひいたらいけないし
でも長老Snさんは「行きます!!」と一声。

今日は大阪でも雪がちらつくほど寒かった。
風も強かったから みんなは「じい」が心配で
車いすに座ったSnさんにひざ掛けをかけたり
防寒対策をする。

阪堺電車の駅までの長い階段もじいには辛いので
車いすごとみんなで持ち上げる。
「おじいちゃん神輿」が わっしょいわっしょいと揺れて
神になったようなSnさん。

むすびは現在 超高齢者が少なくなったので
人手が多いときはSnさんにみんなの注意が注がれて
Snさんしあわせ。

でも住吉大社の太鼓橋は「歩く」と自力で歩く。
落ちたらあかんので みんなが周りを固める。
e0035629_8362232.jpg

みんながおみくじを引き 病気の仲間にお守りを買っている中
Snさんはそっと東北の義援金に寄付していたらしく
アニキはやっぱり「カッコイイ!」と みんなの尊敬を受けた。


ちなみにアニキは午後から「Niさんのお見舞いに連れて行ってくれ!」と
寒さにも疲れにも負けずに言うので
助っ人のみんなが車いすを押してくれ付き合ってくれ
念願のお見舞いに行くことができた。
病院ではNiさんに「早う 帰ってこい!」とNiさんをじっと見つめて
Niさんは「そうか」と 元気そうなSnさんをうれしそうに見つめて
そんなふたりのやりとりが ほろりと素敵なのだった。
by musubi-pro | 2012-01-04 21:16 | むすび日記
<< はたらく人たち 仕事納め >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動