紙芝居劇むすび



新春ライブ!

天満にある音太小屋(ねたごや)でのライブは今回で4年目。
毎年恒例の企画は回を重ねるごとに重厚感を増す。

街頭紙芝居師の古橋理絵さんは 相変わらずお客さんの扱いが超一品で
会場がわっと湧き立つし
マンガーソングライターの本町靱さんは
どうしてこんなにおもしろいのかわからないし
シンガーソングライターのひきたまさんは 不思議な魅力と音楽で
会場をいつの間にか まったりとした元気に染めているし
素敵な共演者さんたち。
おじさんたちもほどよい緊張感に包まれる。

今回われらが長老Snさんが 一人の男として都都逸コーナーをもらい
歌を披露した。堂々とした歌いっぷり。圧巻!
e0035629_10284689.jpg

そして満員御礼・熱気に包まれた会場にむすびが登場する。
まっちゃんは「おぉ すげえ人!」と一瞬のけぞった。
Snさんは年季の入った女将の姿。
少女俳優Hjさんは久々に男性の役できりっとしているし
大型新人Rkさんは 見事に役にはまりきっていた。
ナレーションはToさん。さらりと全体をまとめる。

亡くなった浅田さんの脚本に 婦木さん手作りの小道具に
菊田さんが残した心とともに 久々の演目「鼻」が復活した。
むすびは今年で7年目を迎える。 引き継いでいくのは夢と希望。。
おじさんたちは会場の中に 馴染みの顔や 初めての顔を眺めながら
自分がこの世にしっかりと足を踏みしめていることを実感しただろう。
e0035629_10355463.jpg

今年も締めくくりは ひきたまさんの「極楽浄土」
約1年前に浅田さんと歌った歌を 今年いるみんなと歌えたことに感謝して。

寒い中ご来場くださったみなさま 共演者のみなさま 音太小屋さま
おかげさまであたたかい会場となり
幸先の良い1年のスタートがきれました。ありがとうございました。
by musubi-pro | 2012-01-09 20:20 | むすび日記
<< エッグステージ はたらく人たち >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動