紙芝居劇むすび



Niさんの退院

手の骨折で入院していたNiさんが退院した。
1か月ちょっとの入院は80歳を超えたNiさんにとって
もどかしい時間だったにちがいない。

だけど ゆっくりゆっくり時間と感覚を取り戻すことが先決。
環境の変化に適応するのは
年々むずかしくなるのだと思う。

こんな時 仲間はいたっていつも通りにふるまう。
むやみに話しかけたり 元気づけるのではなく
隣にいても 何事もなかったように あえて距離をおいているように見える。

おじさんたちのコミュニケーションは
焦らず 追い詰めず 人をゆっくりと泳がせてくれる大きさがある。


長老は踊りの上手なHjさんに対抗して
独自の都都逸や手品を 今後の公演のために用意している。

おじさんたちの無言の時間もとっても大事で
久々にメンバーがそろったからといって
いつもと変わらない事務所が いっそう素敵な感じがした。
by musubi-pro | 2012-01-29 21:20 | むすび日記
<< 冬の一日 公演決定! >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動