紙芝居劇むすび



東北へ?

先日 宮城県から素敵なお客さまが来た。

「ほなみ劇団」という とあるクリニックから生まれた劇団。
お医者さん スタッフさん 患者さん ご家族さん・・・
関わるみなさんが参加する 手作りの劇を上演されているらしい。

ある方の紹介でむすびを知った「ほなみ劇団」のみなさん。
飛行機に乗って はるばるやって来てくださったのだ。
90歳になるかわいいおばあちゃん
81歳の浅田さん似のダンディなおじさん
そしてクリニックの方と
まるで家族ができたような うれしさ にぎやかさ。

1日エッグスで一緒にごはんをいただいたり
たわいもない話をしたり Snさんが手品を披露したり
紙芝居を見ていただいたり。

「こんなの宮城にはないねぇ」というのが口癖のかわいいおばあちゃんと
次々と自分の芸を披露するわれらがSnさん。
並ぶと長年連れ添った夫婦のようにお似合いで
このかわいいカップル誕生に 居合わせたみんなが喜んだ。

「一度 共演してみたい」「早くしてね」
今度は宮城で会えるといいなあ!
これが原動力となって
むすびin東北が実現できるかどうか。

きっとこの2つのグループの持ち味や ユニークさ ゆるさ
たくさんに人に笑顔を届けられるのではと思う。
それができないだろうか とSnさんに問うと
「…けっこうですなあ・・・」と うるうると涙を流した。

また会いたい人がいるのは素敵なこと。
ほなみさんの劇をぜひ見てみたい。 
by musubi-pro | 2012-02-21 16:18 | むすび日記
<< 3.11 A SENSE OF... バレンタインデー >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動