紙芝居劇むすび



浅田さんが怒った

来週からの紙芝居公演のオンパレードが控えているというのに
おじさんたちのチームワークがばらけたままだ。

練習をしようと集まっているSnさんやRkさんが
「やるなら やる気でやったほうがいいのに」と
愚痴る。

他のメンバーは 部屋から出てこなかったり
仲間と真剣に向き合わずに 勝手気ままなので
閑散としたエッグスになりがちである。

Sn翁とふたりで しゅん としていた時
浅田さんの遺影が 勢いよく「ガターン!!」と倒れてきた。
びっくりしたSnさんが「浅田さん 怒っとるわい」と苦笑いでつぶやく。
とりあえず線香をあげて 怒りを鎮める。

浅田さんがいつでも体を張って守ってきたむすび。
みんなはそれに甘えて むすびがあるのが当たり前になってしまったのかもしれない。
「今日も誰も来なかったよ・・・」 気まぐれな仲間を 気長に待っていてくれた。

あの世から 喝入れに来てくれないかなぁ。
e0035629_97462.jpg

by musubi-pro | 2012-03-08 18:53 | むすび日記
<< 夢の焼肉 春が来た >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動