紙芝居劇むすび



宮城に行きたい

2月にご紹介したように 宮城県のクリニックから生まれた
「ほなみ劇団」さんとの交流がはじまっている。

「ほなみ劇団」さんと共演したい!という夢に近づくために
今回は「ほなみ」さんのことを知りたいと
マネージャーとスタッフで訪れて来た。

在宅の緩和ケア 命の最前線で
笑顔がたくさんあって みんなが主役になって
それを支える人たちの絶え間ない努力があって。

離れた地域でも 志を同じくする人がつながると力になる。
夢がふくらんで 元気がでる。
むすびもここからたくさん学べると実感した。

岐路に立つ「むすび」の今後を模索するためにも
「ほなみ劇団」さんとつながったことは
大事にしたいし 温かい関係が育めるといいなと思う。

今回「むすびのおじさんたちに会ってみたい!」という声をたくさん聞いたので
80代 90代のメンバーが生きている今 なるべく早く
むすびin宮城を実現したい。
今秋の実現をめざして カンパなど募っていきたいと考えています。
by musubi-pro | 2012-04-23 16:21 | むすび日記
<< 連休 久々のココルームで >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動