紙芝居劇むすび



保育園で 大興奮

近所のわかくさ保育園で紙芝居。

こどもたちにも「むすびのおっちゃんたち」と認知されており
おじさんたちにとって 楽しみな公演のひとつ。

今日の演目は桃太郎だった。
オニ役のRkさん(マッチョ系)が金棒をもって動いただけで
小さい子たちが「ビエー!!」と泣きだした。
(ここの保育園では節分の催しを熱心にされており
 「オニ」というものがコワイという認識ができているらしい)

桃太郎とオニの立ち回りのときも
怖がった幼児たちの泣き声が「エーン エーン!」と響き
会場は修羅場のようになった。

そしてオニがやっつけられる・・・
会場の先生たちやこどもたちから「パチパチ!」「ピー!」と
歓声が上がり 信じられないほど盛り上がった。

おじさんたちも興奮して舌はもつれるし
なにがなんだかわからなくても
こどもたちは桃太郎の話を楽しんでくれたようだし
お互いが熱気をもらうような感じ。

みんなが出し切って
おじさんたちも こどもたちも
今夜はよく眠れることだろう。

オニが怖くて泣いた子供たちを思い出して
「かわいいなぁ」と ニコニコしていたおじさんたちであった。
by musubi-pro | 2012-05-23 22:25 | むすび日記
<< 婦木さん命日 リバティおおさかで >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動