紙芝居劇むすび



ほなみとむすびの遠距離恋愛を応援するプロジェクト

生きるということは しんどくて 問題ばかり起こって
でもだれかと心を合わせると 楽しく乗り越えられたりする
「わたしらには 人を元気にする力があるかもしれんね」

e0035629_1026340.jpg

ちいさくて、あったかくて、キラキラした、2つのグループがあります。
宮城県大崎市の「ほなみ劇団※」と大阪市西成区の「紙芝居劇むすび」。
どちらも病気や高齢、助け合いの場を求めて集まっているうちにみんなで何かしたくなって
始めた活動です。2012年2月2つのグループはある方の紹介で出会いました。
会った瞬間から「また会いたい」「いつか合同で公演したい」と夢が生まれました。
点と点が線になり 小さな出会いが大きな希望としてたくさんの方々と共有されるように
みなさんとこの遠距離恋愛を叶えていくプロジェクトです。ご声援よろしくお願いいたします。

このプロジェクトでしたいこと
2012年秋にむすびのおじさんたちを宮城へ 交流を深めたい
今一番活気づけたい地域「東北の地震・津波被災地」で公演をしたい
大阪公演を開催して東北の力強さ、あたたかさを大阪で実感してほしい
2つの地域がつながっていくことで「人間のもつ本来の力」を発信したい

カンパのお願い  ※振替用紙に「ほなみむすびプロジェクト」とご明記ください。
郵便振替 「紙芝居劇むすび」00990-2-322322
他行からの振込の場合(099店 当座0322322)


※ほなみ劇団
宮城県大崎市にある「医療法人心の郷 穂波の郷クリニック」から生まれた劇団で、患者、家族、遺族、医療スタッフや地域の人が一緒になって演じる。小学校での「命の授業」や在宅治療中の患者さん宅での公演など、つながりの意味を深める活動を行う。クリニックでは地域に根差した緩和ケアを軸に在宅ケアにも積極的に取り組んでいる。
http://www.kokoronosato.net/

なれそめ → 2月21日の日記へ

その後 → 4月23日の日記へ
by musubi-pro | 2012-07-11 10:26 | ほなみとむすびの遠距離恋愛プロ
<< 近況 おむすび屋台 日にち決定 >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動