紙芝居劇むすび



学生さんたちが来た夏

今年はまだ誰も脱水症状や熱中症で倒れることなく
用心しながら夏を越そうとしている。

しかし暑さや夜眠れない疲れから
気力はダウン気味かもしれない。
ときどきちょっとした口げんか イラついたり ハイテンション
その時はハラハラするものの
お互いさまに素の自分を出せる場所があるのは
ありがたいのかもしれない。

夏休み 大学生の見学が増える。
若い人がくると おじさんたちは活気づいて
人生の中で 出会うことがなさそうな若者たちに会うと
接点のありがたさを思う。

緊張もあってか 最初は反応のない学生さんが笑顔になるのを見ると
おじさんたちもほっとするのか そこからほぐれたり
学生さんたちで素麺をつくってくれたグループもあった
記念撮影でみんなで「ピース」して写ったグループもあった
爽やかな夏の思い出をありがとう。

学生さんたちを受け入れるのはこの上ない喜びだが
少々の注意点。

・自分たちの使ったコップ等 片づけましょう
・おじさんたちはフレンドリーですが 人生の大先輩。
 タメ口を使うのは 人間関係できてから

やさしくて 若い人を甘やかしがちなおじさんたちなので
若い人の方が節度と礼儀をもって接したい。

こういうことを学ぶ場所って
最近はなかなかないので こんな視点でむすびに来るのも
若い人たちにとっていいことかもしれない。
by musubi-pro | 2012-08-27 12:22 | むすび日記
<< むすび 映画に 夏まつり終了 今年は楽してしま... >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動