紙芝居劇むすび



Snさん93歳に

むすびの長老Snさんの誕生日はとても充実していた。

午前中は大学生の釜ヶ崎見学の中での紙芝居。
紙芝居の後も自慢の喉を披露し
夢を語り(あちこちで歌を歌いたい、と)

そして終了後には学生さんたちからバースデーケーキのプレゼントが。
遠方のサポーターからも菓子折りが届き
感激で目を潤ませる場面もあった。

ランチは「手巻き寿司」。メンバーやスタッフが準備をしてくれて
手作り 団欒のパーティーとなった。
「うまいわ」と ごはん少なめ ネタ多めで
着実に腹に放り込んでいくSnさんの姿を見て
「やっぱ 長生きする人は食べっぷりが違うなぁ」と
夏バテ気味の一同も感心する。
e0035629_17354047.jpg

しかし さすがのSnさんも夏日の連続で血圧が安定していない。
そこそこの時間で「すまんな。みんな、今日はありがとう!」と部屋に引き上げていった。

あと7年で100歳。
元気で長生きしてほしい というのは みんなの思いである。
by musubi-pro | 2012-09-11 17:31 | むすび日記
<< 浅田さん観てくれたかな むすび 映画に >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動