紙芝居劇むすび



かわいい訪問者&映画上映

午前中 むすびの紙芝居をこどもの楽校に呼んでくれたことのある
中学生と小学4年生の男の子がエッグスにやってきた。
誠実さや やさしい人柄は年齢にかかわらず
おじさんたちを心地よくさせる。

「おお どっかで会ったな!」とガッシと握手するSnさん。
「あの時はおいしいおにぎりをありがとう」とTzさん。
「大きくなったなぁ」とNiさん。

たのもしい子供たちの成長に「あとは託したぞ」とばかり
一歩引いた大人の対応をするおじさんたち。

中学生のひろくんがおじさんたちにインタビューをしたり
プレゼントまでいただいたり(あったかいカイロとラジオ!)
孫が来たような それとも男同士の友情か
おじさんたちがなんともいい顔をしていたのが印象的だった。
e0035629_22444637.jpg

午後は映画で 山崎都世子監督の「むすび」
西成プラザには50人ほどのお客さんが入り 雨の中でも心はホットに
笑ったり 泣いたり
スクリーンのむすびをご覧いただいた。

映画に映ったのはむすびのひとつの側面かもしれないけれど
日々を大切に感謝して過ごす
おじさんたちの息遣いや 
同じくそれを愛おしむスタッフやお客さんの
心を感じていただけたのではないかと思う。

おじさんたちも舞台挨拶。やっぱり歌も踊りもあって
最後はHjさんの「ユーアーマイサンシャイン」 
ハッピーオーラで締めくくった映画会。

雨の中ご来場くださったみなさん ありがとうございました。
e0035629_22501857.jpg

by musubi-pro | 2012-11-11 22:53 | むすび日記
<< 2012年冬 これからの公演☆ 映画明日です☆ >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動