紙芝居劇むすび



Ktさん 1周忌

昨年の12月9日に亡くなったKtさんの1周忌法要を行った。

Ktさんはむすびでは2,3年。短いお付き合いだったが
たくさん思い出を残してくれた 印象深いメンバーだ。

感情豊かなナレーションや やさしい語り口
こどもが大好きで 心からの笑顔が本当にすてきだった。

川浪僧侶にお経をあげていただいて
こじんまりと故人を偲ぶ。

仕事を思い出して 花見にロールパンのサンドイッチをつくってくれた思い出
初詣の住吉大社で 太鼓橋から一回転するかの勢いで転げ落ちたこと
あるサポーターの赤ちゃんと ラブラブだったおやつタイムは映画にも映っていたし
キャラメルコーンが好きだったこと
おいしいもの 楽しいことがあると「私 こんなの生まれて初めてです!」と
目をキラキラさせていたこと。
亡くなっても心の中で生き生きと存在し続ける 仲間たち。

今日は立ち寄ってくださった方がミカンやお菓子を差し入れてくださり
三重県から自家製の有機栽培のサツマイモ
宮城の穂波の郷クリニックさんからリンゴが届き

同じくほなみさんにいただいた米と土鍋で「イモごはん」を炊き
スーパー玉出の大根で大根炊きをして
冬には最高の あたたかい昼食をいただいた。 

あちこちからの贈り物にお腹も満たされ 心も満たされ
寒さもふっとぶ。みなさん 本当にありがとうございます。
e0035629_20162765.jpg

by musubi-pro | 2012-12-11 20:31 | むすび日記
<< 自称 おじいちゃん むすびの宮城旅行の映像 in ... >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動