紙芝居劇むすび



楽しかった!紙芝居

今日は生野区の「みんなの家」に紙芝居を呼んでもらった。
ハンディをもった人たちの作業所で 若い人が多く
建物に入った瞬間から むすびのおじさんたちは握手攻めにあった。
若く弾むパワーに テンションがあがる。

なんだかむすびにも似ている。
みんなうろうろと落ち着かなくて まとまらないけど
楽しい雰囲気を みんなで共有している感じ。

初めて行った場所なのに 居心地がよくて
思わず「ありがとう」と何度も言った 中井さん。
「おじいちゃーん」と肩を組んでくれた女の子。
くったくのない笑顔に つつみこまれるような気分。
e0035629_2135485.jpg

紙芝居は 歌を歌うと みんな喜んでくれて
本所さんのダンスには「ほー!」と 息をのむ感じが伝わる。
紙芝居の横で男の子がジャンプする。
大きな声で何か言っている声がする。
なのに なぜか気にならずに おじさんたちは気持ちよく声を張った。

紙芝居の後「写真撮ろうよー」と 撮った写真。
みんな自由に動き回るのでこんな感じになりました。
e0035629_21383776.jpg

おじさんたちが「今日はうまいこといったなぁ」とうなずきあっていたり
「また呼んでね」と心を残して帰った いい公演だった。

またみなさんに会いたいなぁ。今日は本当にありがとうございました。
by musubi-pro | 2013-04-30 21:47 | むすび日記
<< 大物 逝く 5月25日 宮城公演のチラシが... >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動