紙芝居劇むすび



ありがとう 宮城

80代のおじいちゃん3人の旅in宮城が終わった。

回を重ねるごとに多くの人を巻き込みながら
人と人をむすびながら 笑いあり涙ありの珍道中。

まずは関わってくださったみなさんに感謝申し上げます。
小さな力でも 集まるとこんなに素敵な空間が生まれるのだと
確信を持てた旅でした。
そして人の心は やっぱり通じ合うものなのだと 確信できた旅でした。

5月24日
飛行機に乗りこみ ちょっとヒヤヒヤしながらも仙台空港に降り立つ。
応援隊のみなさんと合流し 車で穂波の郷クリニックに向かう。
寄り道して 日本三景の松島で昼食して
ちょっと散策 潮風に頭がしゃっきりしてくる。
e0035629_20345255.jpg

クリニックに到着。同年代の新田さん「お元気でしたか~」と再会の喜びもそこそこに
打ち合わせとリハーサルが始まる。
e0035629_20351799.jpg

ほなみとむすび。初めてとは思えないほど台本の読み合わせは息がぴったりで
本所さんのダンスが冴える。「もう一回!」とみんなの熱も高まり…
e0035629_20365988.jpg

むすびの紙芝居「文ちゃんの冥土めぐり」に生命が吹き込まれて 飛び出した。
小菊さんはすごい女優さんだ。「お母さんの気持ちになったら まず抱きしめるんだ」
e0035629_20371452.jpg

そして直後 なぜか餃子の具を包んでいる参加者たちなのであった…
e0035629_20375177.jpg

5月25日
本番当日。なんと本所さんは昨夜 踊りすぎたのと旅の疲れで
足全体が痺れて動けなくなって 仲間たちは心底心配の一夜を過ごした。
しかしぐっすり眠ったおかげか 本所さん元気に「おはよー!」と起きてきて
一同ほっと胸をなでおろした。(足をかばって食卓も用意してもらった)
e0035629_2038225.jpg

クリニックへ集合し 真剣に最終リハーサルを行う。
「うまくいくんだろうか?」何が起こるのか まだみんな想像がつかない。
e0035629_20384895.jpg

佐野さんも 参加します。
e0035629_20394895.jpg
会場入りする。まだ人はまばら。「お客さん来てくれるんだろうか?」「段取りどうだったっけ」不安が募る中準備をする。ぽつぽつと馴染みの顔が見え 大阪からたこ焼き屋さんの「あほや」さんがたこ焼きを焼き始め活気づく。今回も無料での提供。盛り上げてくださって本当にありがとうございます!
e0035629_20403392.jpg

まずは震災で犠牲になった方々の冥福を祈る。復興が進んでいないこの地に
また生命が戻ってきますように。
そして どうしてもここに来たかったわれらが佐野さんの冥福と 
奇しくもわれらが婦木さんの命日でもあるこの日。
なにかがつなぎ合わせてくれた縁に 感謝して。
e0035629_21193951.jpg

友情出演してくださった街頭紙芝居師の古橋理絵さんで幕開け。
遠巻きに見ていた近所の方や バスで通りかかった観光客の方も足を止める。
e0035629_2053094.jpg
ディジュリドゥのはくさんまさたかさん。鯉のぼりがはためいて 東北にも春が来ている。
e0035629_20473125.jpg

同じく友情出演のひきたまさん。何かできないか と参加してくださった。
e0035629_20484492.jpg

冷たい風の中 前座で佐野さんが浪曲を歌い
ほなみ&むすびの合同劇団による紙芝居。自然に溶け合って自然に息を合わせ
それまでにない温かさと生活感を帯びて 胸に訴えてくる。
e0035629_20493176.jpg

小菊さんの素朴で凛とした歌声で民謡が歌われ
本所さんが自然に踊りだした。
ふたりを中心に なんともいえない小さな灯がぽっと灯ったような
温かさが生まれ あたりを包み込み
フィナーレを迎えた。
e0035629_21132795.jpg
会場のみなさんと記念撮影。けっこう寒かった一日。
ここでこうしてお会いできたご縁を宝にして またそれぞれに日々を苦労して
長生きしましょう。楽しみましょう。
今回使わせていただいた会場「がんばろう石巻」の広場をつくった黒澤健一さんの努力に感謝。
e0035629_21153190.jpg

クリニックに戻って 名残惜しいお茶会。
歌が飛び出し 苦労話が飛び出し 自然と輪になって
もうすっかり家族になったかんじ。
e0035629_21324922.jpg

「小菊さん お元気で」「おじいさん 今度はわたしが大阪にいきますから。待ってるんだよ」
もう再会が待ち遠しい。
e0035629_21354875.jpg

by musubi-pro | 2013-05-26 21:43 | むすび日記
<< 疲れもとれて また来てね!ケニアの孫たち >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動