紙芝居劇むすび



ほなみ&むすび 恋愛道中 【その1 合同公演編】

一心寺南会所での 合同公演。
5月に亡くなったむすびのメンバー佐野さんを偲んで。

佐野さんの愛情むき出しの態度がなければ
死ぬまで胸に抱き続けた 宮城の仲間への執念がなければ
この2つの団体の関係は 恋にまで発展しなかったかもしれない。

イベントの受付を買って出てくれたのは
ドレス姿の小菊さん(90) 大黒さんの千恵子さん(82) 本所さん(83)
e0035629_14461018.jpg

お客さんのなかには 金沢や名古屋からはるばる駆けつけてくださった人や
ほなみ劇団が泊まった「ホテル中央」のロビーで昨夜一緒に楽天の試合を見ていた
お兄さんも来てくださっていたし
むすびメンバー行きつけの喫茶店のママさんや
いつものみなさんがご家族を連れて来てくれていたり
若手のおじさんたちが自ら声をかけた 同じ集合住宅の仲間も来ていた。

一心寺の南会所が80人の人で満員になった。

オープニング。まずはめでたく古橋理絵さんの南京玉すだれと
千恵子さんの大黒舞。
はにかんだ千恵子さんと古橋さんのおもしろいトークがいいコンビネーション。
e0035629_14554558.jpg

e0035629_14582769.jpg

佐野さんへの黙とう。
ここでちょっとしたサプライズで 古橋さんが「今日はお寺での開催。
これから佐野さんにお祈りをしたいのですが もしや会場にお坊さまはいらっしゃいませんか?」
と呼びかけると 「…はい!」と応答が! 
実は いつもむすびの葬儀や法事をお願いしている僧侶の川浪さん。
「いたぁぁっ!!」ということで 川浪さんに鐘を鳴らしていただく間
黙とうをした。
e0035629_1534132.jpg

山崎都世子監督に特別につくっていただいた映像の上映。
佐野さんのつないだ縁が浮かび上がってくる。
ほなみと むすびの日々の葛藤が 共有され 慰められるような
そんな出会いが 走馬灯のようにスクリーンに映った。

ここでほなみ劇団の紹介コーナー。緩和・在宅ケアと一言でいえるほど
「穂波の郷クリニック」の取り組みは甘くない。
80歳以上の超高齢のみなさんも 末期と言われる患者さんも
そのご家族も みんなが誰かのために動き 人の輪の中で
休む間もなく全うされる。

今回参加した新田憲司さん(82)は 自分が癌の妻を自宅で看取った話を
したあと 先日自らも癌の宣告を受けたと、会場のみなさんに語った。
告知を受けたのはつい先日で まだ受け止めることもままならない中
今回の交流の中に 飛び込んで来てくれた新田さんに敬意を表したい。
e0035629_15202959.jpg

写真を撮っていないのですが
紙芝居は「春の里山七人衆」。
役者が かわいい花や動物に扮して 春に一日を演じる。

昨日みんなが全員集合した姿を見て
新田さんが「いやぁ まるで春が来たみたいだ」と漏らしていた言葉が思い出される。

この物語の作者の浅田さんが「みんな かわいいこどものような心でつき合えたら」
というようなことを語っていたことを思い出す。

ほなみ劇団と合同で演じることで 新田さんの東北訛りのナレーションや
おばあちゃんたちのかわいい声を聞くことができた。

時間は押しに押して 長老サミットは中止に…
自己紹介と 小菊さんの唄う「斎太郎節」でフィナーレ。
たぶんお年寄りのみなさんは二時間半のステージで
フラフラだったと思うのだけど 最後までシャンとして務め上げた。天晴!

そして 2つの団体に思いがけないプレゼントが。
今朝ようやく描きあげたという絵が
名古屋の間瀬さんより贈られた。
佐野さんの魂が 目にこもっている。どきっとした。
この絵はほなみクリニックに飾っていただくことにした。
e0035629_15461016.jpg


記念撮影をしていると 間に合わないと言われていた
穂波の郷クリニックの院長 三浦先生が駆けつけてきた。
新田さんが大阪行を決断したのは 三浦先生が
「主治医として ついていく」と言ってくれた力も大きい。
e0035629_15524541.jpg
どうなることかと思っていたけれど 宮城から来たわたしたちの恋人を
みなさんに無事紹介することができたようで とりあえずほっとして
アンケートを回収し忘れていたので
いらっしゃったお客様 ぜひとも感想をお寄せいただけるとうれしいです。
→メール kamishibaigeki@yahoo.co.jp

ご来場の皆様 ご協力いただいた皆様 本当にありがとうございました。
e0035629_15264414.jpg

by musubi-pro | 2013-11-06 06:38 | ほなみとむすびの遠距離恋愛プロ
<< ほなみ&むすび恋愛道中 【その... 公演終了!ありがとうございました >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動