紙芝居劇むすび



アートむすび

大阪府立現代美術センターで「あいたいひとよ」
詩人・上田假奈代さんと ダンサー・エメスズキさんとの共演をした。

共演のおふたりを含め 会場のお客さん スタッフのみなさま。
むすびを包み込むような やさしい やさしい 雰囲気に
ほんとに おじさんたちは 幸せものだなあと思うかぎり。

彼らの かわいらしさ いい加減さも 生真面目さも
思わずプっと吹き出してしまうような おもしろさ。
なんだか周囲のひとの気持ちを 和ませるみたい。

白一色のスタジオというかアートスペースに映えるむすびのおじさんたち。
e0035629_23154468.jpg(リハーサルの写真)

いつもと寸分変わらないおじさんたち。でもしっかりアートしてました。
e0035629_2316511.jpg

上田さんの朗読 ほほがブルブル震える感触。
そしてエメさんとしづかに舞台へ 出て行くおじさんたち。
カチカチになっている加減も くすぐりどころ。
シュールな動き 奔放な動き 
ああ きっと明日はみんなサロンパスのお世話になるのだろう。
e0035629_23253715.jpg
紙芝居を演じきって ダイアログ 話す。
しかし70歳以上の彼らは 血圧上がり気味で今日はもう限界。
帰りの地下鉄
「お客さん いろんなとこから来とったみたいだのー」
「ああ しんど」
「あさっては 何時集合?」
嬉しい余韻を残しつつ 明日へと向かうむすびであった。
by musubi-pro | 2005-12-09 23:27 | むすび日記
<< 満員御礼! ご褒美の週末 >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動