紙芝居劇むすび



外は寒くても

今日は昨年取材で立ち寄られた関西テレビのチームが
再び釜ヶ崎をめぐるということで むすびにもまた寄ってくださった。
「ニュースアンカー」の須田慎一郎さんのコーナーだ。
(放送は12/23(月) 夕方です)

ほとんどが初めて須田さんやチームのみなさんに会うのに
やたら須田さんに詳しかった人がいたり
淡々とスタッフの人の数を数えて コーヒーを入れる人だとか
恥ずかしがって帰ろうとする人など
おじさんたちはマイペースで やっぱり面白い。

テレビクルーのみなさんが帰ると 外は雪の嵐。
寒い中 中井さんが道の向こうを歩いていく。
「おっ 中井のおやじは白木屋さんに(喫茶店)に行くのかな」

郵便屋さんが来て
クリスマスカードや ほなみプロジェクトへのカンパのお知らせ
小包を届けてくれた。
たくさんの方の気持ちが集ってくる。

北海道からの小包には 時々訪れてくれる大学生からの
手紙とお菓子。
吉岡さんがみんなに聞こえるように手紙を朗読してくれる。
みんな 微笑んで聞いている。

寒い時は寒い時で
締め切って みんなの距離が近くなる感じがいい。
by musubi-pro | 2013-12-20 22:09 | むすび日記
<< クリスマス☆ 引き継がれる伝統 >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動