紙芝居劇むすび



新年あけましておめでとうございます

みなさま 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

毎年恒例 1月4日は住吉大社への初詣。
80歳以上のおじいちゃんたちは今日は無理せずお留守番で
60代「若手」だけで詣でる。

わりとサクサクとお参りは終了し
おじいちゃんたちの待つむすびへ帰る。

作村さんが快調で 「ぜんざい作ろうやぁ」と
出て来てくれた。さすが クッキング隊長。

食事のあとは 特に何をするわけでもないおじさんたち。
静かな時間が流れるのも 気まずくもなく
心地いい。

本所さんの伸びた髪の毛を見て 若手のおじさんが
倉庫から散髪セットを出してくる。
正月早々 お金を失くした?とかでしょげていた本所さんが
お腹を満たし こざっぱりしてくると 笑顔が出てきた。
よかったよかった。
本所さんを大事にすることで 自分たちもうれしくなる若手たち。
e0035629_216347.jpg

「なぁ 本所さん。わしの名前知っとる?」と 新人さんが聞く。
「ねぇさん」「にぃさん」と人を呼ぶ本所さんなので 名前はまだちゃんと覚えていない。
「この際 みんなの名前を覚えたら?」ということで
本所さん ひとりひとり名前と年齢を聞いて 自らメモをとる。
『むすびのみなさん 名前をおぼへる』 と書いている。
83歳の宿題。

今日は中井さんは起きて来なかったので
みんなの愛情を一身に受ける本所さんなのであった。

今年もみんな元気に あっちへこっちへ
紙芝居の巡業に奔走できますように。
e0035629_2155738.jpg

by musubi-pro | 2014-01-04 21:30 | むすび日記
<< 新生むすび 誕生 贈り物 >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動