紙芝居劇むすび



新生むすび 誕生

今年初の紙芝居は初めての高齢者の施設。
新大阪のひざしさんだった。

今日は80代の兄様方は 体調不良でお休み。

初めて60代のメンバーだけで紙芝居を行うことになった。
友達に声をかけて連れてきたり 自分たちでお稽古したり
新しい紙芝居枠をつくったり 若手たちなりに準備して 臨む。
e0035629_9444182.jpg

お客様は70代~90代の先輩方だったので
「お~ ワシと同じハゲだなぁ。若いのにかわいそうに(^^)」
「わたしらの息子ぐらいの歳だわぁ」

先輩たちの厳しく愛のこもった言葉は
おじさんたちを天狗にせずに 地に足をつけてくれる。
若手たちは 必死になって 緊張して 紙芝居をやり遂げた。
一生懸命お客さんに喜んでもらおうという 心が伝わってきた。
それを無言で受け止めてくださった 先輩方。

交流タイムでは素敵なデュエットも。
e0035629_955377.jpg

精一杯努めた 新生むすび。
だけど 次の公演には本所さんや中井さん 
むすびの先輩も一緒に とみんなで期待する。
by musubi-pro | 2014-01-25 22:34 | むすび日記
<< 訃報 中井さん 逝く 新年あけましておめでとうございます >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動