紙芝居劇むすび



本所さん 退院

5ヶ月以上の入院生活を終えて 本所さんが街に戻ってきた。

84歳の本所さんが5ヶ月以上もベッドの上で暮らしたのだから
足腰も弱るし 体力も落ちて
元の住宅に戻ることは 今後のことを考えても無理なようだった。

つてがあり むすびからも近いところにある老人ホームへ。
新しい場所 新しい隣人 スタッフ 慣れながら
むすびともども皆さんと仲良くなりたい。

今日は退院後初めてむすびに出勤。
「ほなみ劇団」からお祝いのサクランボが届いていた。
甘いまっ赤なサクランボ。みんなでいただいた。
e0035629_01821.jpg

e0035629_016341.jpg

90歳の小菊さんからのメッセージもはいっていた。
年寄りも周囲に心配をかけぬよう自ら気を付けること
寂しさもあるけれど 気遣ってくれる人たちへの感謝を忘れずに
小菊さんのきりりと温かい文章に 一同は心を打たれた。
e0035629_091740.jpg

そして「今日は紙芝居ないの?」という長老のことばに
「じゃあ やろうか」と若手たちが応え
待ち焦がれていた 本所さんの入った読み合わせが始まった。
入院中に若手たちと本所さんの距離が縮まったのがよくわかる。
自然と体に触れたり 目線で会話ができる。

本所さん もうちょっと体力をつけて みなさんの前へ。
e0035629_0143667.jpg

by musubi-pro | 2014-06-25 00:16 | むすび日記
<< バイオリン・チェロとの共演 本所さんの紙芝居 延期です >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動