紙芝居劇むすび



みんなの家

ちょっと前になるが 生野区にある「みんなの家」に今年も呼んでいただいた。

去年はじめて行った時 とてもなごんで みなさんと楽しい時間を送ったので
印象に残っていた場所だ。

当時体調が悪くなりかけて 機嫌が悪かった中井さんが
「なんか俺たちが慰められたな」と言っていたのを思い出す。

「みんな」はとても元気だったり マイペースだったり
スキンシップが大好きで くったくなく話しかけてくれる。
なんだか楽しくて なんだかうれしい
わあっと一瞬だけど じんと心に残る公演なのだ。

公演が終わってちょっと経った頃 みんなの家の方が
ひとつの手紙を届けに来てくれた。
紙芝居を見てくれた人のメッセージ。
ところどころ字がとんだりして むすび新聞みたいだったが
その人が喜んでくれたこと 紙芝居を待っててくれていること
伝わって おじさんたちはさっそく返事を書いた。

そして数日
「あれっ この手紙まだ出してなかったんか」
いっぱい積まれた書類の中に返したはずの手紙が…
むすびはこうやって手紙を出しそびれることが多い。

もうすぐむすび新聞ができるので 一緒に送ることにした。
e0035629_2235325.jpg

by musubi-pro | 2014-07-23 22:35 | むすび日記
<< 本所さん その後 バイオリン・チェロとの共演 >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動