紙芝居劇むすび



白石さん 死去

実質上むすびでの活動期間は短かったが
出たり入ったりしながら時々紙芝居にも出演してくれていた白石さんが亡くなった。

80歳。股関節の手術、心臓バイパスの手術、病院と縁が切れることがなかったが
若い頃はラーメン屋台を引いて歩いていた
名古屋から大阪まで自転車で来た
足が悪くなってからも四国の八十八ヶ所巡りをしたり
何度も何度も復活し続けた。

若手のおじさんたちは白石さんとの接点はなかったが
「むすびの先輩だし、ほおっておけない」と
入院している白石さんを見舞い
下着を届けたり 車椅子を押してコンビニに連れて行ってあげたりしていた。

不思議な縁ですれ違った白石さんと むすびの新人さんたち。

きのう偶然訃報を聞いて 
ぎりぎり今日の葬儀に駆けつけたむすびのメンバーたちだったが
白石さんには もうちょっと何かしてあげたかった。
なかなか時間を割くことができなかった。
悔いが残って 胸がチリチリとする。


理容師の資格をもっていたらしく
バリカンを自ら購入して 仲間の散髪をしてくれた。

阪神タイガースが大好きだった。

大きな体でガハハと豪快に笑っている姿が思い出される。

白石さん どうぞ安らかに。
e0035629_2165412.jpg

by musubi-pro | 2014-11-06 21:25 | むすび日記
<< 久々の作村さん 愛光保育園&アース 公演 >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動