紙芝居劇むすび



8月宮城へ

今年4月に宮城県の鳴子温泉で行われた
福島県飯舘村から震災後仮設住宅に移り住まわれた方々の
日帰り温泉ツアー(主催:ネパリバザーロ)がとても好評で
8月30日にも再び同じツアーが組まれることになった。

ほなみ劇団とむすびも舞台鑑賞の部で合同劇を披露する。
ほなみ劇団の主演俳優、新田さんも病気と付き合いながら
「もう1回やりたいなあ!」と希望を燃やしてくださっていて
それなら!と今回のツアーが実現する。

4月の公演以降、むすびにも飯舘村の方から親しみを感じるお手紙をいただいたり
宮城の新田さん、小菊さん、ほなみ劇団さん
横浜のネパリバザーロさん
福島の仮設住宅で暮らされているみなさんの存在が近く感じられている。

公演が1回きりで終わるのではなく、こうして輪を広げながら続いていくことは
本当に本望である。
e0035629_2228377.jpg

どうぞ引き続き、ほなみとむすびの遠距離恋愛を応援してください。

郵便振替 「紙芝居劇むすび」00990-2-322322
     (他行からの振込 099店 当座0322322)     
      ※『ほなみプロジェクト』とお名前ご住所をご明記ください
by musubi-pro | 2015-07-31 22:28 | むすび日記
<< ほなみ劇団と愛の共同作業 8/29 10周年いろいろ >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動