紙芝居劇むすび



スランプ脱出?

今年に入って毎日稽古を積んでいるものの

1月は公演の機会があまりなかったし
12月のクリスマス会で発表した「鼻」では
みんな緊張してロレツが回らず すべってしまったのを思うと

メンバーはなんとなく紙芝居に対して 
トラウマちっくな気持ちを抱いていたように思う。

今日此花区で行われた公演では
50人ものお客さんを前に むすびたちははりきって挑んだ。
会議室の音の反響の良さもあったが いつもよりみんなの声がはっきり聞こえる。
発声練習の効果が発揮されているのか?
余裕のアドリブも入り お客さんの笑い声もむすびを励ました。

いつもになく ミスのないほとんど完璧なむすびの仕事と
金メダルをとった 荒川静香の姿が重なった。

久々に おじさんたちの顔に達成感のうれしさが浮かんでいた。
by musubi-pro | 2006-02-24 21:23 | むすび日記
<< 充実感 つくっています >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動