紙芝居劇むすび



日本橋で

ココルーム主催の「ニートでアートカフェ」にゲスト出演する。

今日はニートの人たちを交えたカフェで公演だよ。
出かける前 おじさんたちに声をかけると
「よーし 若いやつらが元気だすように がんばるか」
おじさんたちはやさしい気持ちになっていた。

人生を模索する若者や親子連れなどのお客さんは
とっても一生懸命 紙芝居に見入ってくださっていた。
若い人が喜んで見てくれると
おじさんたちは ご褒美をもらったかのように 元気になる。

日本橋・電器屋街の一角
『ぶんぶく茶釜』でタヌキ役をやったおじさんは
スタッフの方が頭に着けていた タヌキ耳カチューシャをゲットした。

コスプレ屋で購入できるらしい。

とにかく かわいらしいタヌキも完成し
真剣なお客さんに囲まれて
くらくらするような暑い日だったが いい公演ができたようだった。
by musubi-pro | 2006-08-06 00:35 | むすび日記
<< 素麺 序章 めまぐるしく >>


西成・釜ヶ崎で紙芝居をするおじさんたちの表現活動